アラサ―で恋愛対象外にされないために気を付けること

20代後半から30代にかけて、恋愛が難しくなったと感じる人もいるのではないでしょうか。
その原因は何か、心当たりがありますか?
いくつになっても男性から恋愛対象として見てもらえるコツをご紹介します。

 

付き合う=結婚?

所謂アラサ―の女性が敬遠される理由として、その後の面倒臭さをあげる男性がいます。
つまり「付き合ったら結婚しなくちゃいけない」というプレッシャーですね。
女性側からしたらそんなこと考えていないのに、勝手に思い込まれてしまうわけです。

 

こんな時、「結婚なんて興味ない」という態度を取るのは逆効果。
「一生独身でも良い」なんて決して言わないでください。
むしろ結婚をすごく意識しているようで、さらに敬遠されてしまうでしょう。

 

 

理想が高そう

アラサ―で未婚だと、理想が高いと思われがち。
これも勝手な想像ですよね。
たしかに付き合う相手に求めることはあります。
でもたいていは人並なこと。

 

この場合、「理想が高いんじゃなくて、ただ単に良い人がいないだけ」だということを理解してもらう必要があります。
そのためにも、気になる人には自分からアプローチする事が大切。
待っているだけでは「やっぱり理想が高いんだ」と思われてしまいます。

 

 

やっぱり見た目

実年齢は大切ですが、やはり見た目も重要なポイント。
若い子が好きな男性にとって、「老化」を感じると恋愛対象としては見れません。
しかしいつまでも若い子と同じ雰囲気なのも痛々しいと思われてしまうことがあるので要注意。

 

アラサ―には若い頃にはない魅力が沢山あります。
ですから若づくりする必要などありません。

 

ただ、いつまでも美しくあろうとする気持ちは非常に大切。
見た目が好みのタイプなら他の部分は譲れてしまう・・・。
これは男女とも同じなのです。

 

 

おわりに

男性からお声がかからなくなったからと言って、卑屈にならないでください。
恋愛の始め方を変えれば、充分恋は出来ます。
大人には大人の恋愛があるという事に気づくと、ラクになれるでしょう。